金融用語辞典
更新日:20151028

老齢基礎年金

 ろうれいきそねんきん
 老齢基礎年金とは、国民年金の給付の1つで、加入者が65歳以上になった場合に支払われる全国民に共通した年金のことです。年金額は40年加入した場合が満額となり、加入年数がそれに満たない場合は、その期間に応じて減額されます。給付対象者は、65歳以上で、保険料を納めた期間と保険料が免除された期間が合わせて25年以上ある人です(1930年4月1日以前に生まれた人は、生年月日に応じて、21〜24年の範囲で短縮されます)。老齢基礎年金の支給は原則として65歳からですが、本人が希望すれば60歳以降から繰り上げて、または65歳以降に繰り下げて受けることもできます。繰上支給を受けた場合、年金額は、受け始める年齢に応じて本来の老齢基礎年金額が一定の率で減額され、その額が一生続きます。繰下支給を受けた場合、年金額は、受け始める年齢に応じて、本来の老齢基礎年金額が一定の率で増額され、その額が一生続きます。なお、60歳から特別支給の老齢厚生年金を受けている人は、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金に切り替わります。なお、特別支給の老齢厚生年金における定額部分が老齢基礎年金に、報酬比例部分老齢厚生年金に相当します。
 報酬比例部分  国民年金  免除  老齢基礎年金の繰上げ  老齢基礎年金の繰下げ  老齢厚生年金  定額部分  特別支給の老齢厚生年金
戻る