金融用語辞典
更新日:20151028

レバレッジド・バイアウト(LBO)

 Leveraged Buy-Out
 レバレッジド・バイアウトとは、企業などが他の企業などの経営権を取得するために、ターゲットとした被買収企業の資産などを担保として、自己資金の何倍もの資金調達により買収を行うことで、米国で盛んに行われている手法のことです。資金調達は、主として銀行借入れのほか、投資家にとって返済リスクが大きい反面、金利も高いジャンク・ボンドの発行による方法などが用いられます。買収した企業の立直し・経営改善に成功した場合には、企業の転売や証券取引所(金融商品取引所)への株式の再上場などで大きな利益をあげることができますが、計画が予定通りに進まない場合などには、調達資金の返済に行き詰まるリスクにさらされることにもなります。
 バイアウト・ファンド  株式  金利  利益  リスク  証券取引所/金融商品取引所  担保
戻る