金融用語辞典
更新日:20151028

リストラクチャリング

 restructuring
 通称リストラと呼ばれ、事業の再構築をいいます。企業が永続するためには、常に事業内容を見直し、成熟分野や不採算部門の縮小、成長分野への資源の重点配分するなどが不可欠です。また、生産部門だけでなく、財務構造の見直し、組織の再編成等も必要です。具体的な行動としては、不採算部門からの撤退、事業所等の統合・閉鎖、本社・事業部門の分離、分社化などが行われます。また、他企業の合併や買収(M&A)などの方策も取られます。いずれも経営資源の再配分を通じて収益力を高め、成長性を維持し、それによって企業の永続的な発展を図ろうとして行われるものです。ですから、リストラは企業が絶えず行う創造的な行為であるはずなのですが、わが国では、バブル景気崩壊後の不況下において、リストラの名のもとに事業の縮小、再編、工場閉鎖、人員整理などが推進されたため、リストラということばにマイナス・イメージがつきまとうようになりました。
 M&A  財務構造
戻る