金融用語辞典
更新日:20151130

流動性

 りゅうどうせい
 liquidity
 流動性とは、投資資金を回収する必要性が生じた際に、換金(現金化)が容易にできるかどうかということです。流動性が高いとは換金しやすく、流動性が低いとは換金しにくいことを示します。
 銀行の普通預金等は、いつでも自由に換金でき非常に流動性が高いといえます。一方、株式債券投資信託などの有価証券は、原則として、売却することで換金ができますが、有価証券の換金は、その時々の時価で行われることが多いため、投資元本を上回ったり、下回ったりすることになります。また、取引高が少ないものは、売却できるまでに時間がかかることもあります。一方、不動産等については、即時には換金ができないうえに、市場環境次第では売却したいと思っている価格で売れないケースも出てきます。このように、資産によって、流動性が高いものと、低いものがあります。
 株式  債券  市場性  投資信託  有価証券(金融商品取引法)
戻る