金融用語辞典
更新日:20151028

リビング・ニーズ特約

 りびんぐ・にーずとくやく
 リビング・ニーズ特約とは、原因にかかわらず被保険者が、その保険期間中に、余命が6か月以内と判断され、所定の支払対象に該当したときに、死亡保険金の一部または全部が生前に支払われる特約のことです。リビング・ニーズ特約の場合には、特約を付加するための保険料は特に必要ありません。被保険者が医師からそのような宣告を直接通知されないことも多いため、この特約を付加する場合には特定疾病保障保険などと同様に、被保険人以外に保険金の給付申請ができる「指定代理請求人」を、あらかじめ決めておくのが一般的です。
 被保険者  保険金  指定代理請求制度  死亡保険金  特約(保険)
戻る