金融用語辞典
更新日:20151028

ノーロード

 ノー・ロードとは、手数料がかからないという意味です。投資信託を購入する場合、通常は一定の販売手数料がかかりますが、販売手数料のかからない投資信託もあります。このタイプの投資信託のことを「ノー・ロード・ファンド」といいます。一方、手数料がかかるタイプのものを「ロード・ファンド」といいます。わが国では公社債投資信託の多くがノー・ロード・ファンドになっており、追加型株式投資信託についてもノー・ロード・ファンドのものがあります。また、確定拠出年金の運用商品となっている投資信託の多くは、「ノー・ロード・ファンド」となっています。なお、1998年3月から投資信託の販売手数料が自由化されたことから、手数料体系の自由化が進んでいます。
 確定拠出年金(DC)  公社債投資信託  投資信託
戻る