金融用語辞典
更新日:20151028

年金終価係数

 ねんきんしゅうかけいすう
 年金終価係数とは、ある一定の利回りで、一定期間、一定額を積み立てた場合、元利金合計で、最終的にどれだけの金額になるかを求めるための係数のことです。この係数をまとめたものが、年金終価係数表(積立預金元利合計額早見表)です。年金終価係数表は、縦が年数、横が利回りとなっており、想定運用利回りと積立期間が決まれば、このマトリックス表から年金終価係数がわかります。毎月の積立金額に、この年金終価係数を乗じることで、積立期間終了後の元利合計金額を求めることができます。なお、年金の用語においては、将来の価値を「終価」、現在の価値を「現価」といいます。
 利回り
戻る