金融用語辞典
更新日:20151028

年金資金運用基金

 ねんきんしきんうんようききん
 年金資金運用基金とは、財政投融資制度の抜本改革による、厚生年金保険国民年金の積立金の資金運用部への預託の廃止に合わせて、設立された基金のことです。2001年4月1日に設立され、年金福祉事業団の業務の一部を引き継いでいます。年金資金運用基金は、厚生年金保険法および国民年金法の規定に基づいて、厚生労働大臣から寄託された資金をこれらの法律に基づいて厚生労働大臣が定める基本方針に沿って管理・運用を行います。また、その収益を国庫に納付することによって、厚生年金保険事業および国民年金事業の運営の安定に寄与することを目的としています。実際には、民間運用機関への委託および自家運用により、年金資金の管理運用を行います。なお、2006年4月からは、年金積立金の管理運用を行う機関としての「年金積立金管理運用独立行政法人」と改組されています。
 寄託  厚生年金保険  国民年金  国民年金法  年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)  財政投融資  自家運用/インハウス運用  資金運用部  収益
戻る