金融用語辞典
更新日:20151225

年金制度

 ねんきんせいど
 わが国の公的年金制度には、全国民共通の基礎年金である国民年金および第2号被保険者を対象に基礎年金に在職中の報酬と加入期間に応じた額を上乗せする厚生年金があります。このように、国民年金を1階部分、厚生年金を2階部分とする2階建ての構造になっています(2015年(平成27年)10月より前に共済組合の加入期間があった人には、職域加算があります)。
 また、民間企業の中には、確定給付企業年金、確定拠出年金などの企業年金(3階部分)を福利厚生の一環として導入しているところもあります。自営業者等、第1号被保険者を対象としたものには、掛金に応じた金額を国民年金(老齢基礎年金)に上乗せして年金を受け取るための公的年金制度として国民年金基金や確定拠出年金があります。さらに、このほかにも保険会社や郵便局等などによって取り扱われる個人年金があります。
 1階部分、2階部分、3階部分(年金)  被用者年金  確定拠出年金(DC)  企業年金  基礎年金  共済年金  厚生年金基金  厚生年金保険  国民年金  国民年金基金  個人年金  職域年金  信託銀行  第1号被保険者(国民年金)  適格退職年金
戻る