金融用語辞典
更新日:20150625

任意保険

 にんいほけん
 任意保険とは、自動車保険において、加入が強制されない保険のことです。自動車や二輪車を運行する場合、自賠責保険への加入が義務付けられています。しかし、自賠責保険の保険金では補償が不足すると考えられるため、多くの人が任意に自動車保険に加入しています。こうした自動車保険を総称して任意保険と呼びます。任意保険では、さまざまな補償内容の商品があり、あらかじめ定められた等級、自動車や二輪車の運行者の年齢などに応じて保険料負担額が異なります。この等級は原則として年々上がり、保険料の割引率が増加しますが、事故を起こした場合などは等級が下がり、前年と同じ内容の保険契約であっても割引率が下がるため保険料は上がる仕組みになっています。
 SAP(自家用自動車総合保険)  保険金  自家用自動車総合保険(SAP)  自動車保険  事故
戻る