金融用語辞典
更新日:20181227

日本投資顧問業協会

 にほんとうしこもんぎょうきょうかい
 日本投資顧問業協会は、旧・投資顧問業法の規定に基づき、1987年10月に設立された公益法人です(2012年7月、一般社団法人に移行)。現在は、金融商品取引法第78条に規定される認定金融商品取引業協会として位置づけられています。協会の目的は、「会員の行う投資運用業および投資助言・代理業の公正かつ円滑な運営を確保することにより投資者保護を図るとともに、投資運用業および投資助言・代理業の健全な発展に資すること」とされています。
 協会の主な事業としては、勧誘や広告をはじめとする各種の自主規制ルールの制定・改廃や臨店による会員監査等の実施、トラブル解決のための苦情相談・あっせんの業務を行うこと、金融商品取引法等に係る金融庁その他関係機関に対する意見提出・折衝、などです。協会の機構は、最高意思決定機関である総会、業務執行機関である理事会、業務委員会と自主規制委員会の2つの常設委員会とその下部組織となる部会で構成されています。また、会員の処分や自主規制ルールの遵守に向けた改善指導策についての意見を求めるため、会長の諮問機関として規律委員会を設置しています。
 公益法人
戻る