金融用語辞典
更新日:20140916

日本証券クリアリング機構

 にほんしょうけんくりありんぐきこう
 日本証券クリアリング機構とは、2002年7月に日本証券業協会東京証券取引所、旧 大阪証券取引所(現 大阪取引所)、名古屋証券取引所福岡証券取引所札幌証券取引所が発起人となり設立された、国内の証券市場における市場横断的な統一清算機関のことです。2003年1月には、わが国で初めて有価証券債務引受業(現在の金融商品債務引受業)の免許を取得し、国内すべての証券取引所(金融商品取引所)における現物取引の清算業務を開始しました。
 現在は、このほかに、「PTS(私設取引システム)市場における清算業務」「上場先物・オプション取引に係る清算業務」「CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)取引に係る清算業務」「金利スワップ取引に係る清算業務」「国債店頭取引に係る清算業務」「大阪取引所上場FX取引に係る清算業務」なども行っています。
 なお、同機構は、日本取引所グループの子会社の1つとなっています。
 大阪取引所  福岡証券取引所  名古屋証券取引所  日本証券業協会  札幌証券取引所  債務引受  証券取引所/金融商品取引所  証券保管振替機構  東京証券取引所  有価証券(金融商品取引法)
戻る