金融用語辞典
更新日:20150625

日本証券アナリスト協会

 にほんしょうけんあなりすときょうかい
 日本証券アナリスト協会は、「証券分析技術の向上、普及及び証券分析業務に従事する者の育成並びに証券分析に関する資料及び情報の収集、普及を図ることにより、証券の円滑な流通の確保及び公正な価格形成と証券投資の健全化並びに個人投資家の資本市場参加促進に資し、もって日本経済の発展に寄与すること」を目的として、1962年に設立された公益社団法人です。証券会社、銀行、保険会社、投資信託会社、投資顧問会社など投資分析の第一線で活躍している、証券アナリストが会員です。会員は、個人会員、法人会員、賛助会員に分かれ、個人会員には、検定会員と、法人の役職員や学識経験者である一般会員の区別があります。検定アナリスト資格の取得には、通信教育受講者を対象とする1次、2次レベルの試験の合格が必要です。証券アナリストの国際資格や職業行為基準の制定などで世界各地のアナリスト協会との国際交流も活発です。2013年からはプライベートバンカー資格試験も開始しました。
 アナリスト  AIMR(米国投資管理調査協会)  法人  社団法人  証券アナリスト職業行為基準  証券会社
戻る