金融用語辞典
更新日:20151031

保合い放れにつけ(相場格言)

 もちあいばなれにつけ
 保合いとは、相場がほとんど動かない状態のこと、すなわち、株価が狭い範囲内で値動きを繰り返し、長期間ほとんど動きがない状態のことをいいます。ボックス相場ともいいます。保合いの状態が、やや強い場合を「強保合い」、やや弱い場合を「弱保合い」といいます。
 保合い放れとは、しばらく相場がほとんど動かない保合い状態が続いたあとに、その狭い範囲内から出て、上または下に大きく動き出すことをいいます。
 「保合い放れにつけ」という相場格言は、保ち合い期間が長ければ長いほど、株価上昇へのエネルギーが溜まっていることになりますから、その後大きな相場になることが多く、素直について行けば良いという意味です。ただ、出来高が増えずに、株価だけが上がって行くような場合は短期で終わってしまうことがあるので気をつけなければなりません。
 強保合い
戻る