金融用語辞典
更新日:20151125

メザニン

 めざにん
 mezzanine
 英語のメザニン(mezzanine)とは、本来、建物の中2階や劇場の2階席などを意味する言葉ですが、金融証券用語としては、通常の社債や融資と株式の中間に位置し、リスクリターンの関係においては、ミドルリスク・ミドルリターンであることを意味しています。債券や貸付債権(ローン)、不動産等を証券化した資産担保証券(ABS)の発行において、信用力の高いシニア債と格付けの低い劣後債ジュニア債)の中間の位置付けで発行される債券メザニン債といい、機関投資家を対象として私募で発行するファンドで、企業買収資金の提供や中堅企業の設備投資資金提供などで運用しながらミドルリスク・ミドルリターンを狙うものをメザニン・ファンドといいます。
 ABS(資産担保型証券)  株式  機関投資家  メザニン債  メザニン・ファンド  リスク  リターン  劣後債  ローン  債券  私募  社債  証券化  シニア債  ジュニア債  建物
戻る