金融用語辞典
更新日:20151028

ミューチュアル・ファンド・ラップ

 ミューチュアル・ファンド・ラップとは、投資家の投資目的に合わせて、証券会社等(金融商品取引業者等)のアドバイスをもとに運用方針の異なる複数のミューチュアル・ファンド投資信託)を選び、これらを組み合わせて運用するサービスのことです。ミューチュアル・ファンド・ラップは、既存のミューチュアル・ファンドを利用して運用するため、投資顧問サービスが省かれ、手数料は、コンサルタント・ラップよりやや低くなっています。1975年に米国で開発されたラップ・アカウントは、ミューチュアル・ファンド・ラップとコンサルタント・ラップの2種類に大別されますが、ミューチュアル・ファンド・ラップのほうがやや遅れて登場しました。コンサルタント・ラップは主に富裕層をターゲットにしているのに対し、ミューチュアル・ファンド・ラップは、最低投資額を低く設定し、一般個人投資家向けの資産管理型商品となっています。
 コンサルタント・ラップ  ミューチュアル・ファンド  ラップ・アカウント  投資信託
戻る