金融用語辞典
更新日:20181227

個人型確定拠出年金(iDeCo)

 こじんがたかくていきょしゅつねんきん
 個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)とは、2001年に施行された確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。この制度においては、個人が任意で加入し、自分で掛金を拠出し、自らが運用方法を選び、掛金とその運用益との合計額をもとに給付を受けることができます。また、掛金、運用益、そして給付を受け取る時には、税制上の優遇措置が講じられています。
 2017年1月からは、個人型確定拠出年金の加入対象者が拡大し、公務員や専業主婦、企業年金に加入している会社員などを含む、基本的に20歳以上60歳未満のすべての人が加入できるようになりました。この改正に伴い、個人型確定拠出年金には「iDeCo:イデコ」という愛称が付けられました。個人型確定拠出年金は、国民年金や厚生年金と組み合わせることで、より豊かな老後生活を送るための資産形成方法の一つとして位置づけられています。
 確定拠出年金(DC)  確定拠出年金向けファンド
戻る