金融用語辞典
更新日:20150425

個人信用情報

 こじんしんようじょうほう
 個人信用情報とは、個人の信用状態を審査するために、金融機関が信用情報機関に照会して取得する情報です。登録されている情報には、取引情報、不渡情報、官報情報、本人申告情報などがあります。各情報は、登録期間経過後に自動的に削除されます。
◇取引情報…ローンクレジットカードの契約内容と個々の返済状況の履歴
◇不渡情報…手形交換所の第1回目不渡りと取引停止処分の情報
◇官報情報…官報に公告された破産・民事再生手続開始決定等の情報
◇本人申告情報…本人確認資料の紛失・盗難および同姓同名別人の存在情報等、本人からの申告情報
 なお、取引情報には事故情報、いわゆる「ブラック・リスト」と呼ばれる、個人が債務を契約通りに返済しなかったことによる長期延滞、代位弁済、債務整理、手形の不渡り等の情報も登録されています。
 破産  ブラック・リスト  クレジットカード  公告  ローン  債務  信用情報機関  代位弁済  手形  登録
戻る