金融用語辞典
更新日:20180409

個別元本(追加型公社債投資信託)

 こべつがんぽん
 追加型公社債投資信託の個別元本とは、追加型公社債投資信託(日々決算型のMRFなどを除く)を保有している受益者の、税法上の取得元本のことです。ただし、外枠手数料やそれに伴う消費税は個別元本の額には含まれません。同一受益者が、同一ファンドを複数回取得した場合には、その都度個別元本の修正(移動平均による再計算)が行われます。
 従来、追加型公社債投資信託においては、ファンドの決算日の基準価額が1万円を超過していれば、その超過分をすべて分配し、販売価額を1万円にして販売されていました。また、基準価額が1万円を下回っている場合には販売できませんでした。
 ところが、2002年4月から追加型公社債投資信託に個別元本方式が導入されたことにより、日々決算型のファンド以外のものについては、1万円未満の価額でも販売できるようになりました。ただし、決算日において基準価額が1万円を下回っている場合、分配は行われず、翌期以降も決算日に1万円を上回らない限り分配は行われませんが、その間の損益は基準価額に反映されます。また、ファンドの決算日の基準価額が1万円を超過している場合には、上回る部分は収益として全額分配されるため、1万円を超える価額で販売されることはありません。
 平均信託金方式  基準価額  公社債投資信託  個別元本(追加型株式投資信託)  収益  収益分配金  受益者(投資信託)  消費税  中期国債ファンド  追加型投資信託(オープン型投資信託)  投資信託
戻る