金融用語辞典
更新日:20151225

国家公務員共済組合

 こっかこうむいんきょうさいくみあい
 国家公務員共済組合とは、国家公務員共済組合法に基づいて設立された共済組織のことです。共済組合の主な事業としては、医療保険・労災保険に相当する短期給付事業、保養所・病院の運営、資金貸付け等を行う福祉事業などがあります。各省各庁ごとに組合が設立され、それぞれ個別に事務を行っています。平成27年(2015年)10月に長期給付事業として行なわれていた共済年金は厚生年金に統合されました。
国家公務員には恩給制度がありましたが、1959年に国家公務員共済組合法が制定されて、官吏への恩給と被雇用者の共済が統一されました。1984年には、公共企業体職員の共済組合が国家公務員共済組合に統合される一方、1997年にはJR、NTT、JTの旧3公社の共済組合が、また、2002年から農林漁業団体職員共済組合が厚生年金保険へ移行しました。
 医療保険  恩給  共済組合  組合  厚生年金保険  地方公務員等共済組合
戻る