金融用語辞典
更新日:20180409

公社債投資信託の収益分配金

 こうしゃさいとうししんたくのしゅうえきぶんぱいきん
 投資信託収益分配金とは、投資信託(ファンド)の決算期ごとに受益者に分配される収益金のことで、単に分配金とも呼ばれます。公社債投資信託収益分配金はファンドの種類によって支払われ方が異なります。
 単位型公社債投資信託では、決算期末に元本を上回っている場合には、経費控除後の利息・配当収入または元本超過額のいずれか多い額を限度として、収益分配金が支払われます。元本を下回っている場合には、経費控除後の利息・配当収入の範囲内で収益分配金が支払われることがあります。
 追加型公社債投資信託(MRF、MMFなど)では、決算日に期末の基準価額が1万円を上回る部分はすべて分配されます。つまり、決算期末時点ですべての収益から経費を控除した残額は全額収益分配金となります。そのため、当該ファンドは決算日の基準価額が原則1万円になり、当初の募集価額と同額になります。
 毎日決算型ファンドでは、収益分配金はその都度受益者に支払われるのではなく、未払収益分配金として積み立てられ、毎月末最終営業日に自動再投資される仕組みになっています。
 法人  基準価額  利子所得に対する税金  公社債投資信託  利子所得  収益  収益分配金  受益者(投資信託)  所得税  譲渡  地方税(住民税)  投資信託
戻る