金融用語辞典
更新日:20150925

公社債投資信託

 こうしゃさいとうししんたく
 公社債投資信託とは、信託財産を内外の公社債および短期金融商品で運用し、株式を一切組み入れることができない形態の投資信託のことです。転換社債型新株予約権付社債を組み入れるものであっても、当該社債を株式に転換しないことを信託約款で定めたものであれば、公社債投資信託に分類されます。
 追加型の公社債投資信託(日々決算型ファンド除く)については、追加設定が当初元本価額以下の価額でしかできないため、価格変動が大きい公社債(長期の債券や外国債券等)を組み入れる投資信託については、その時々の時価で追加設定ができる株式投資信託として設定されるのが一般的です。そのため、実質的には公社債型の投資信託であっても株式投資信託に分類されているものもあります。
 MRF(マネー・リザーブ・ファンド)  フリー・キャッシュ・フロー(純現金収支)  株式  株式投資信託  公社債投資信託の収益分配金  公社債投資信託のリスク  MMF(マネー・マネージメント・ファンド)  債券  証券総合口座  所得税  信託財産  短期公社債投資信託  中期国債ファンド  長期公社債投信  追加型投資信託(オープン型投資信託)  追加型公社債投資信託の分類  転換社債型新株予約権付社債  投資信託  投資信託約款(委託者指図型投資信託)
戻る