金融用語辞典
更新日:20140325

携帯クレジット

 けいたいくれじっと
 credit payment service on mobile phone
 携帯クレジットとは、携帯電話にクレジットカード機能を盛り込んだサービスをいいます。非接触チップを内蔵した携帯電話機を読取り装置にかざすとクレジットカードと同様に買い物代金を決済できる仕組みになっています。代金は、通常のカード利用代金と合わせて、後日、預金口座からの引落しなどにより清算されます。2005年にサービスが始まり、2006年に入って大手コンビニエンス・ストアがいっせいに導入に踏み切ったことから、急速に普及しています。カード各社も総額60兆円といわれる1件当り数千円以下の小口決済市場を開拓すべく、携帯クレジットの普及に注力しています。
 クレジットカード
戻る