金融用語辞典
更新日:20151031

現代ポートフォリオ理論(MPT)

 げんだいぽーとふぉりおりろん(えむぴーてぃー)
 Modern Portfolio Theory
 分散投資の考え方を、統計手法に基づき投資理論として体系化したものが、いわゆる現代ポートフォリオ理論(MPT)と呼ばれるものです。MPTは、1990年にノーベル経済学賞を受賞した米国のハリー・マーコヴィッツ氏が1952年に発表した「ポートフォリオ選択論(Portfolio Selection)」という論文に始まりました。この理論は、平均−分散理論と呼ばれており、証券の個別銘柄のリターンリスクは、リターンの平均値やその標準偏差といった統計量によって説明することができ、さらに、ポートフォリオの銘柄を増やすほどリスクは低減し、その程度は銘柄間の共分散相関係数に類する数値)に依存すると説いています。これにより、特定の期待収益率の下でリスクを最小化したポートフォリオや、特定のリスクの下で期待収益率を最大化したポートフォリオを選択することができるようになりました。MPTは、コンピュータ技術等の発達が高度な統計手法を支え、理論的発展だけでなく、投資の実務においても幅広く利用されています。なお、MPTの範囲を、マーコビッツの業績に限定する論者とこうした狭義のMPTを基礎として発展した資本資産評価モデル(CAPM)や裁定価格理論(APT)までを含む現代投資理論全体を指して使う論者とがいますので、注意が必要です。
 APT(裁定価格理論)  パフォーマンス評価  標準偏差  分散投資  ポートフォリオ  金融工学  共分散  クオンツ  リスク  リターン  資本資産評価モデル(CAPM)  相関係数
戻る