金融用語辞典
更新日:20150925

景気

 けいき
 business conditions
 経済活動を行う主体には「家計」「企業」「政府」「海外」などがあります。これら各主体の経済行動により、経済活動(財・サービスの生産)の水準は変動しますが、この経済活動の水準を「景気」といいます。財・サービスの多くは「企業」が生産し、「家計」が消費するため、景気を見る場合、「企業」と「家計」の状態を見ることが重要です。「政府」は、民間部門では供給できないまたは採算が取れないような財・サービスを供給します。
 景気は、一般に上昇、下降を繰り返しますが、財・サービスの生産と消費が活発な状態を「好況」、低迷している状態を「不況」といいます。一般に、好況期には財・サービスの需要が拡大し、その結果財・サービスの需給が逼迫し、物価は上昇します。逆に不況期には財・サービスの需要が低迷し、その結果、需給が緩み、物価は低下します。なお、経済が成長するためには、「労働力」「資本」の投入増や「技術革新」が必要になります。
 
景気上昇時景気下降時
企業収益拡大

家計収入増加

消費支出拡大
企業収益減少

家計収入低迷

消費支出低迷
 
好況期不況期
モノの需要拡大

モノの供給逼迫

物価上昇
モノの需要低迷

モノの供給過剰

物価低下
(好循環)(悪循環)
  
 不況  物価  景気指標  景気循環  景気動向指数  好況  鉱工業指数  個人消費関連指標  日銀短観  資本  住宅投資関連指標  設備投資関連指標
戻る