金融用語辞典
更新日:20140325

クラウン・ジュエル

 crown jewels
 クラウン・ジュエルとは、王冠に付けられた宝石のことですが、金融用語としてのクラウン・ジュエル戦略とは、ポイズン・ピル戦略と同様に敵対的買収を仕掛けられた企業側が取る防衛策の1つです。クラウン(王冠)からジュエル(宝石)をすべてはずしてしまうように、企業の持つ知的財産権や技術、経営ノウハウ、人材、主要取引先、顧客などのうちから、収益性が高く価値も大きい優良資産を、関連会社や第三者に売却してしまうことによって、被買収側の魅力を減殺してしまう政策的手段のことです。敵の侵入してくる前に、都市機能を自ら焼き尽くし破壊して撤退することになぞらえて、「焦土化作戦」などと呼ばれることもあります。
 M&A  ポイズン・ピル(毒薬条項)  ホワイト・ナイト  関連会社  焦土作戦  スリーピング・ビューティ(眠れる森の美女)  知的財産権
戻る