金融用語辞典
更新日:20150925

クローズド期間

 くろーずどきかん
 クローズド期間とは、投資信託を換金することができない、一定の期間のことです。新規設定のファンドなどで、設定から一定の期間(半年間など)をクローズド期間とし、換金できないようにすることがあります。また、一部の公社債投資信託(3か月決算、6か月決算等の短期決算型ファンド等)には、決算日のみ換金可能で、他の日は換金できないと定めているファンドもあります。そのため、ファンドに「クローズド期間」があるかどうかを事前に確かめておく必要があります。
 なお、一般にクローズド期間内であっても、「受益者が死亡したとき」「受益者が天災地変その他不可抗力により財産の大部分を滅失したとき」「受益者が破産宣告を受けたとき」「受益者が疾病により生計の維持ができなくなったとき」「その他上記に準ずる事由があるものとして委託者の指定する販売会社が認めるとき」などは、換金を認める旨の規定を信託約款で定めています。
 公社債投資信託  受益者(投資信託)  短期公社債投資信託  投資信託  投資信託約款(委託者指図型投資信託)
戻る