金融用語辞典
更新日:20151130

キャピタル・ゲイン

 capital gain
 キャピタル・ゲイン(capital gain)とは、保有していた資産の価格が変動することによって生じる売買差益のことをいいます。この場合の資産とは、株式や債券等の有価証券、土地や建物等の不動産、絵画、ゴルフ会員権、貴金属などです。なお、資産価格の変動に伴う売買差損はキャピタル・ロス(capital loss)といいます。
 これに対して、資産運用に際して、ある資産を保有することで安定的、継続的に受け取ることのできる現金収入のことをインカム・ゲイン(income gain)といいます。銀行預金や利付債券の利子、投資信託の収益分配金、株式投資の配当金、不動産の賃料収入などがこれに該当します。
 インカム・ゲイン  リターン
戻る