金融用語辞典
更新日:20151210

金融商品取引法

 きんゆうしょうひんとりひきほう
 金融商品取引法は、金融商品取引に関連する様々なルールが規定されている法律です。最終的な目的は、国民経済の健全な発展と投資者の保護とされています。 具体的には、有価証券を発行する企業等の情報開示に関するルール、証券会社などの業者の規制、協会や取引所などの関係機関に関するルール、有価証券の取引等に関するルール、課徴金・罰則などが定められています。
 インサイダー取引  保険業法  玉(ぎょく)  銀行法  金融先物取引  金融商品  見せ玉  政令  大量保有報告制度  抵当証券  投資信託及び投資法人に関する法律  投資法人制度  有価証券(金融商品取引法)
戻る