金融用語辞典
更新日:20151225

共済年金

 きょうさいねんきん
 共済年金とは、2015年(平成27年)9月まで共済組合から支給されていた年金のことです。2015年(平成27年)10月1日に共済年金は厚生年金に統合されました。
 公務員、私立学校の教職員などは、それぞれ独自の共済組合に加入しています。共済組合には、「国家公務員共済組合」「地方公務員等共済組合」「私立学校教職員共済組合」などがあります。共済年金の制度は、基本的には厚生年金保険と同じで、統合後は原則として、厚生年金の制度に変更することとなりました。ただし、特別支給の退職共済年金の受給開始年齢、保険料率などについては、従来の制度を踏襲することとなります。また、2015年(平成27年)9月以前に加入期間のある人については、経過措置として、加入期間に応じて、職域部分が加算されます。
 1階部分、2階部分、3階部分(年金)  標準賞与額  標準報酬月額  共済組合  厚生年金基金  厚生年金保険  公的年金  国民年金  国家公務員共済組合  障害一時金  障害共済年金  職域年金  退職共済年金  地方公務員等共済組合  適格退職年金
戻る