金融用語辞典
更新日:20171215

機関投資家

 きかんとうしか
 institutional investors
 機関投資家とは、依頼人・顧客等から拠出された資金を運用・管理する大口の投資家のことをいいます。生命保険会社、損害保険会社、銀行、信託銀行信用金庫信用組合農林系金融機関投資信託委託会社、投資顧問会社、年金基金・運用法人など、大量の有価証券等を保有し、また売買を行う法人、団体の総称です。
 金融商品取引法第2条第3項第1号において、「有価証券に対する投資に係る専門的知識および経験を有する者」を適格機関投資家としています。具体的には、証券会社投資信託委託会社、投資顧問会社、(外国)投資法人、銀行、(外国)保険会社、信用金庫および信金中金、労働金庫および連合会、農林中金、商工中金信用組合と連合会、信連、共済連、農協、漁協、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)などを適格機関投資家としています。
 近年、証券市場で注目されているのがGPIFを中心とする年金の運用法人です。なかでも、GPIFは運用資産が100兆円を超える世界最大規模の機関投資家であり、その動向は株式市場等に大きな影響を与えます。
 法人  年金資金運用基金  農林系金融機関  労働金庫  信金中央金庫  信託銀行  信用金庫  信用組合  証券会社  商工中金  適格機関投資家  投資信託委託会社  有価証券(金融商品取引法)
戻る