金融用語辞典
更新日:20170602

買入消却

 かいいれしょうきゃく
 redemption by purchase
 買入消却とは、債券や株式などの証券の発行体が過去に発行した証券を買い入れて消却することをいいます。
 債券の買入消却は、買入償還とも呼ばれ、発行体が市場を通じて債券の保有者から買い取って、債券を償還する(減債する)ものです。満期時に全額を償還する負担を軽減することなどを目的に実施されます。ただし、市場価格で買い取るため、時価が額面を下回る(アンダーパー)の場合は発行体は有利に減債できますが、逆に、時価が額面を上回る(オーバーパー)の場合は不利になります。
 株式の買入消却は、自社株買いとも呼ばれ、発行体が株式市場で自社株を購入して、資本金を減らす(減資する)ものです。株式の買入消却により、1株当り純利益や同純資産が高まることに加え、当該株式の需給関係もタイトになるため、株価を引き上げる効果があるとされています。なお、2001年の商法改正により、発行体が買い入れた株式を消却せずに、金庫株として保有することも認められるようになりました。
 株式  会社  減資  国債  財政投融資  財務省  資本金  社債
戻る