金融用語辞典
更新日:20170809

外国株式投資信託の税金

 がいこくかぶしきとうししんたくのぜいきん
 契約型の公募外国株式投資信託は、基本的には公募国内株式投資信託と同様の課税方法となりますが、一部取扱いが異なる点があります。
 公募外国株式投資信託の譲渡益(売却益)や償還差益については、譲渡所得として申告分離課税(税率20.315%)となります。公募外国株式投資信託の収益分配金は、外国株式と同様に、配当所得として源泉徴収(税率20.315%)されます。源泉徴収後は、総合課税、申告分離課税、申告不要のいずれかを選択することができます。公募外国株式投資信託は、特定口座に預け入れることが可能で、源泉徴収ありの特定口座内の譲渡益については源泉徴収が行われ、申告不要とすることができます。総合課税を選択した場合には、配当控除を受けることはできません。なお、外国においてすでに税金が徴収されている場合には、確定申告すれば外国税額控除の適用を受けることができます。
 2016(平成28)年1月から、上場株式等の配当金や公募株式投資信託の分配金および特定公社債の利子と、上場株式等、公募株式投資信託および特定公社債等の売却損失との損益通算が可能となりました。ただし、損益通算を行う場合には、原則として確定申告が必要となります。
 配当所得  外国投資信託  確定申告(所得税)  外国公社債投資信託の税金  外国株式投資信託の取得価額と買戻価額の円換算方法  為替差損益  償還差益  譲渡所得  消費税  所得税  証券会社  譲渡  税率  総平均法  損益通算
戻る