金融用語辞典
更新日:20171215

株式投資信託の配当控除

 かぶしきとうししんたくのはいとうこうじょ
 株式投資信託の収益分配金など配当所得として課税されるものについては、株式の配当金に係る配当控除と同様に、確定申告して総合課税を選択した場合には、配当控除が適用されます。ただし、税法上、株式投資信託に組み込まれている株式の配当は収益のおよそ半分を占めるとみなされているため、配当控除率は株式の配当の場合の1/2とされ、原則として、収益分配金等について、所得税5%、住民税1.4%とされています。さらに、投資信託約款などに記載されている外貨建資産や株式以外の資産の組入割合に応じて、下表のように、配当控除率は低下する仕組みとなっています。
 配当所得  株式  株式投資信託  収益分配金に係る税金(株式投資信託)
戻る