金融用語辞典
更新日:20150925

外貨建て資産組入れファンドのリスク

 がいかだてしさんくみいれふぁんどのりすく
 外貨建ての資産を組み入れた投資信託には、「価格変動リスク」「信用リスク」「為替リスク」「カントリーリスク」などがあります。
 価格変動リスク……投資信託に組み入れられている外国株式外国債券などの価格は、日々景気動向等を反映して変動しています。外貨建ての資産を組み入れた投資信託基準価額も、これらの市場価格の動きを反映して変動します。
 信用リスク……投資信託に組み入れられている外国株式の発行会社の財務状況が悪化すると、株価は大きく下落します。倒産すると無価値になることもあります。外国債券についても、その債券の発行会社等の財務状況が悪化すると価格は大きく下落します。デフォルト(債務不履行)が生じると無価値になることもあります。このような状況が生じると、外貨建ての資産を組み入れた投資信託基準価額は大きな影響を受けます。
 為替リスク……当該ファンドに組み入れられた外貨建て資産の通貨が対円で高く(円安に)なれば、円ベースでの手取額が増えるため、その資産の外貨ベースの価格が円安分以上下落しなければ基準価額は値上がりします。反対に、対円で安く(円高に)なれば、円ベースでの手取額が減るため、その資産の外貨ベースの価格が円高分以上に値上がりしなければ基準価額は値下がりします。なお、外貨建ての資産を組み入れたファンドにおいては、為替リスクを回避するため「為替ヘッジ」をしているものもあります。
 カントリーリスク……海外の株式債券に投資をすると、その国や地域の政治、経済、社会情勢などの影響を受けます。例えば、これらの影響により、金融・証券市場が混乱した場合、基準価額に大きな影響を与える可能性があります。エマージングマーケット(新興諸国市場)の場合、先進国に比べて一般的にリスクが高くなります。
 実際には、これら要因等が複雑に絡み合って、外貨建て資産を組み入れた投資信託基準価額は変動します。
 外貨建て投資信託  外国株式  株式  為替ヘッジ  カントリーリスク  外国債券  価格変動リスク  基準価額  金融  リスク  債券  債務不履行(デフォルト)  信用リスク  通貨  倒産  投資信託
戻る