金融用語辞典
更新日:20171215

確定拠出年金(DC)

 かくていきょしゅつねんきん
 Defined Contribution Plan
 確定拠出年金とは、拠出された掛金が個人ごとに明確に区分され、掛金とその運用益との合計額を基に給付額が決まる年金のことです。英語の「Defined Contribution Plan」の頭文字をとって、DCと呼ばれることもあります。DCは、掛金がDB(Defined Benefit Plan:確定給付年金)と同じであったと仮定すると、運用に成功した場合には、DBよりも給付額が多くなりますが、運用に失敗した場合には、DBよりも給付額が少なくなります。
 DCは、事業主が実施する企業型と、個人で加入する個人型があります。そのうち、個人型DCの加入者は、これまで自営業者等に限られていましたが、2017年1月からは、企業年金を実施している企業の従業員や公務員、専業主婦など基本的にすべての人が加入できるようになります。また、転職時等の際の積立資産の持ち運び(ポータビリティ)も拡充されます。
 運営管理機関(確定拠出年金)  確定給付年金(DB)  確定拠出年金の税金  確定拠出年金法  企業年金  規約(確定拠出年金)  厚生年金基金  国民年金  国民年金基金連合会  リスク  リスク分担型企業年金  老齢給付金(確定拠出年金)  資産管理機関(確定拠出年金)  死亡一時金(確定拠出年金)  障害給付金(確定拠出年金)  第3号被保険者(国民年金)  第2号被保険者(国民年金)  脱退一時金(確定拠出年金)  適格退職年金  特別法人税
戻る