金融用語辞典
更新日:20150925

会社型投資信託

 かいしゃがたとうししんたく
 会社型投資信託とは、一定の投資目的を実現するための特別法人を設立し、この法人に投資家が資本参加し、この法人をファンドとして集合的な資産運用を行うものです。この形態の投資信託では、投資家から拠出された資金の集合体に法人格が付与され、これが権利・義務の主体になり、株式会社に類似した運営方法が導入され、総会等を通して投資家のニーズが運用に反映されます。そのため、資産運用に関する投資家の自治(ガバナンス)が期待できます。わが国における会社型投資信託は、投資法人と呼ばれています。
 なお、わが国の投資信託の大半は契約型投資信託ですが、米国の投資信託の大半は会社型投資信託となっています。
 オープン・エンド型投資信託  法人  法人格  クローズドエンド型投資信託  契約型投資信託  投資信託  投資法人制度  投資信託の分類
戻る