金融用語辞典
更新日:20151025

保証人

 ほしょうにん
 保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、主たる債務者に代わってその債務弁済する義務のある人のことをいいます(民法第446条)。こうした保証債務は、債権者と保証人と間で結ばれる保証契約によるもので、債務者と保証人との関係とは別個に成立するものです。保証する債務の範囲は元本全額から主たる債務に関する利息、違約金損害賠償その他すべてその債務の従たるものに及びます(同第447条)。保証人が主たる債務者に代わって債務弁済したり債務を消滅させるための行為をした場合には、その保証人は主たる債務者に対してその返還の請求権(求償権)を持ちます(同第459条)。保証人には原則として誰でもなることができますが、法律の規定などによって債務者が保証人を立てる義務を負う場合には、能力者であり弁済の資力を持っていることが保証人の条件となっています(同第450条)。
 違約金  弁済  保証債務  保証  求償権  債務  損害賠償
戻る