金融用語辞典
更新日:20151025

募集(投資信託)

 ぼしゅう
 投資信託における募集とは、あらかじめ決められた募集期間中等に申込みのあった資金を信託財産として特定の日に設定する方式のことです。単位型投資信託や追加型投資信託の新規設定などがこれにあたります。単位型投資信託は、2週間から1か月程度の期間を区切って資金を募ります。追加型投資信託の募集には、当初募集と追加募集(継続募集)があります。当初募集は、ファンドを新規に設定するための募集行為であり、単位型と同様、2週間から1か月程度の期間を区切って資金を募ります。これに対して、追加募集は、ファンドが設定された後、ファンドに資金を追加する形で行われる募集行為であり、ファンドの設定日以降、信託期間中、原則として毎営業日に資金追加を募ります。追加型投資信託の新規設定の場合、募集の代わりに自己設定という方式で新規設定が行われる場合もあります。
 自己設定  信託財産  単位型投資信託  追加型投資信託(オープン型投資信託)  投資信託
戻る