金融用語辞典
更新日:20151130

弁護士

 べんごし
 弁護士とは、当事者その他の関係人の依頼、または官公署の委嘱によって、訴訟事件、非訟事件および、審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立て事件に関する行為、その他一般の法律事務を行うことを職務としている者をいいます。
 弁護士になるためには、司法試験や新司法試験に合格し、司法修習生の修習を終えた者等の弁護士の資格を有する者が、日本弁護士連合会の弁護士名簿に登録されている必要があります。弁護士でないものは、これらの法律事件に関し報酬を得る目的で、鑑定、代理、仲裁もしくは和解その他の法律事務を取り扱い、またはこれらの周旋を業とすることができません。弁護士報酬には、法律相談料、鑑定料、顧問料、着手金、報酬金、手数料、実費などがあり、日本弁護士連合会報酬基準により定められています。
 代理  登録
戻る