金融用語辞典
更新日:20151130

ベンチャー・ビジネス

 venture business
 ベンチャー・ビジネスとは、経営上のノウハウや新たな独自技術などをもとに、既存の企業が手がけていないような事業を、リスクを取って「冒険的」「挑戦的」に起業・経営している創業期企業群のことをいいます。わが国でも、産業構造の変化と規制緩和の進展などを背景に、経済の活性化を促進する政府や経済界などの育成措置もあって、1970年代以降、盛んに創業されるようになってきました。また、これら企業家精神に富む人たちを支援するベンチャー・キャピタルのブームや、新興市場マザーズなど公開市場の整備も大きな動機付けになっています。企業や大学・研究機関などから独立する人たちをはじめ、大企業が社内ベンチャーを奨励・育成したりすることも一般的になってきました。
 ベンチャー・キャピタル  マザーズ  リスク  新興市場  ユニコーン
戻る