金融用語辞典
更新日:20171215

プライベート・エクイティ・ファンド

 ぷらいべーと・えくいてぃ・ふぁんど
 プライベート・エクイティ・ファンドとは、投資家から集めた資金で、主として未公開株式(Private Equity)を取得し、株式公開時や第三者に売却することで、キャピタル・ゲイン(売却益)を獲得することを目的にしたファンド(Fund)のことです。プライベート・エクイティ・ファンドは、基本的に長期投資を覚悟した投資であることが大きな特徴とされています。多くの場合、投資先の企業に対して事業支援を行うなど、企業の経営に深く関与することで企業価値を高め、その後に売却することで高い収益率を目指します。ファンド自体は、主に投資信託や匿名組合、投資事業有限責任組合、民法上の任意組合等の形態で組成されます。
 LPS(投資事業有限責任組合)  プライベート・エクイティ投資  未公開株ファンド  任意組合  匿名組合
戻る