金融用語辞典
更新日:20170602

フィンテック

 ふぃんてっく
 FinTech
 フィンテックとは、FinanceとTechnologyを組み合わせた造語です。近年のICT(情報通信技術)の発展に伴い、モバイル決済やオンライン送金といった決済分野を中心に、新しいソフトウェアやソリューションを開発したベンチャー企業等が、高利便・低コストの金融サービスを提供する事例が増えています。こうしたフィンテックの形態としては、今のところ、(1)既存の金融をサポートするもの、(2)金融取引手段を変革するもの、(3)既存の金融を一部代替するもの、(4)新しい金融仲介機能を担うもの、(5)金融インフラを変革するもの、などに分類されています。
 これまで、金融業界における競争は基本的に金融機関同士の競争にとどまっていましたが、フィンテックの台頭はこうした競争状況を一変させつつあります。今後はICTの進歩とともに新規参入がさらに進み、既存の金融業界の枠を超えた競争等が一層活発化するとみられています。
 フィンテックの台頭を受けて、既存の金融機関においても、自社におけるイノベーション推進の強化や金融分野に強みをもつICTベンチャー企業等への出資・買収などの取り組みを強化しています。
 一方で、フィンテックの実用化や普及拡大には柔軟な業務展開が前提となることから、金融制度における免許制や登録制等をはじめとする規制のあり方についての検討も、今後必要になるとされています。
 ビッグデータ  ロボアドバイザー  人工知能(AI)
戻る