金融用語辞典
更新日:20150825

福岡証券取引所

 ふくおかしょうけんとりひきじょ
 福岡証券取引所(福証)とは、福岡市中央区に所在する証券会員制の金融商品取引所です。設立は1949年と古く、2000年には新興企業向けの新市場としてQ-Boardを開設しました。
 2015年7月末現在の上場会社数は本則市場101社、Q-Board11社で、単独上場会社はQ-Boardの6社を含めて31社にとどまります。株式取引の電子化・中央集中化に伴い、福証に上場する意義が乏しくなり、東証などに上場する有力企業を中心に福証上場を廃止する企業が増えています。2014年の年間売買代金は266億円(東証は643兆円)にとどまります。
 福証は永らく経営不振に悩まされ、一時は東証が吸収合併する動きもありましたが、1998年に地元経済界と行政が一体となって「福岡証券取引所活性化推進協議会」を設置し、専門部会による活性化の検討や企業交流会の開催など存続に向けた努力を続けています。
 売買代金  上場  東京証券取引所
戻る