金融用語辞典
更新日:20150925

ブローカーズ・ブローカー(BB)(債券)

 債券店頭市場は、証券会社等(金融商品取引業者等)と投資家の相対売買の市場であることから、見方を変えれば、各証券会社等がそれぞれ独自の店頭市場を形成し、それら個別の店頭市場が集まって、流通市場が形成されているといえます。各証券会社等が自社の店頭市場を形成するには、ある程度の在庫を持つ必要があります。また、在庫調整等のため、各証券会社等の債券ディーラー間で売買をすることも重要となります。このようなニーズに応え、債券ディーラー間の売買を一箇所に集めて整理・統合している機関に、日本相互証券株式会社など、債券ディーラー間の売買だけを専門に扱う証券会社があります。これらの証券会社を、一般にブローカーズ・ブローカー(BB)と呼んでいます。
 相対売買  日本相互証券  債券  証券会社  店頭市場
戻る