金融用語辞典
更新日:20141205

扶養控除(所得税)

 ふようこうじょ
 扶養控除とは、所得控除の1つで、納税者に一定の扶養親族(控除対象扶養親族)がいる場合、課税標準から一定額を控除できるというものです。控除対象扶養親族とは、年間の合計所得額が38万円以下で納税者と生計を一にする16歳以上の親族(配偶者を除く)のことをいいます。
 こうした扶養親族がいる場合、以下のとおり、扶養親族の年齢等の要件に応じた額を控除することができます。
 医療費控除(所得税)  配偶者控除(所得税)  配偶者特別控除(所得税)  課税標準額(不動産取得税)  基礎控除(所得税)  勤労学生控除  社会保険料控除  所得控除  所得税  生命保険料控除(所得税)  特別障害者
戻る