金融用語辞典
更新日:20130712

不動産所得

 ふどうさんしょとく
 不動産所得とは、土地建物などの不動産や、不動産上の権利(地上権借地権など)、船舶または航空機の貸付けなどによる所得のことで、事業所得譲渡所得とならないものをいいます。不動産所得の金額は、総収入金額から必要経費を控除することにより求められます。必要経費には、修繕費、負債利子、損害保険料、減価償却費、固定資産税、資産損失、事業専従者控除などがあります。不動産所得の金額は、総合課税され、総所得金額に含まれます。
 なお、不動産所得の赤字は他の所得と損益通算することができますが、土地に対する借入金の利子分は通算することはできません。
 一時所得  配当所得  必要経費  不動産  給与所得  固定資産税  利子所得  雑所得  山林所得  事業所得  借地権  譲渡所得  所得  所得税  総合課税  退職所得  建物  地上権  土地
戻る