金融用語辞典
更新日:20151028

物価スライド

 ぶっかすらいど
 物価スライドとは、年金額の実質価値を維持するために、公的年金の給付額を物価の変動に応じて改定する制度です。具体的には、総務省が作成する年平均の全国消費者物価指数が、前年の物価指数を超えた場合または下回った場合、その比率を基準に、翌年の4月以降の給付額が自動的に改定されるというものです。
 ただし、2004年の年金制度改正により、公的年金の給付額については、賃金や物価の改定率を調整しながら緩やかに調整する仕組みである、マクロ経済スライドの制度が導入されました。この制度は、将来の現役世代の負担が過重なものとならないように最終的な保険料負担の水準を定め、そのなかで保険料等の収入と年金給付等の支出の均衡が保たれるよう、時間をかけて緩やかに年金の給付水準を調整することを目指すものです。
 物価  共済年金  厚生年金基金  厚生年金保険  公的年金  老齢厚生年金  私的年金  消費者物価指数(CPI)
戻る