金融用語辞典
更新日:20150725

ファンド格付け

 ふぁんどかくづけ
 一般に格付けというと、企業の財務状況等を示すもので、その格付けにより企業自体の資金調達金利などにも影響を与える指標のことが想起されます。格付機関は、このような企業に対する格付けと同様に、ファンドに対しても、投信会社や販売会社から依頼されたものを中心に格付けを付与しています。これをファンド格付けといいます。
 ファンド格付けは、格付機関により差はあるものの、一般には、「外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)」や「公社債投資信託」「株式投資信託」などを対象としています。なお、格付機関によっては、この格付けを「信用格付け」と「リスク格付け」に分類しています。「信用格付け」とは、投資目標、投資方針、組入資産の信用の質、ファンドの性格等に対する評価のことで、「リスク格付け」とは、ファンドの基準価額の変動性の度合いを相対的に評価したものです。どちらの格付けも、ファンドの将来のパフォーマンス、基準価額の変動、利回り等の評価を目的としたものではありません。
 MMF(マネー・マーケット・ファンド)  外貨建てMMF(マネー・マーケット・ファンド)  株式投資信託  基準価額  公社債投資信託  リスク  リターン  利回り  債券  信用格付け  投資目標
戻る