金融用語辞典
更新日:20150825

ファミリーファンド方式

 ふぁみりーふぁんどほうしき
 ファミリーファンド方式とは、当初は定時定型の単位型投資信託(ファミリーファンド)の運用・管理の合理化・効率化を図るために制度化されたものです。最近では、投資家のさまざまなニーズに対応し、効率的な運用を図るために、この方式がよく活用されています。
 ファミリーファンド方式は、マザー・ファンド(親投資信託)とベビー・ファンド(子ファンド)により構成されています。この方式では、投資家はベビー・ファンドを購入し、複数のベビー・ファンドで集められた資金はマザー・ファンドに投資され、マザー・ファンドで合同運用し、その成果をベビー・ファンドに帰属させます。
 ファミリーファンド方式のベビー・ファンドでは運用費用として信託報酬が徴収されますが、マザー・ファンドでは信託報酬は徴収されません。マザー・ファンドは信託報酬を徴収できないため、原則的にベビー・ファンドとマザー・ファンドは同じ運用会社の投資信託になります。
 ベビーファンド  外国株式  外国債券  マザーファンド  単位型投資信託  投資信託
戻る